Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

南行き(グレイプバインライブレポ)

さる6月1日、グレイプバインのライブを見に行ってきました。場所は名古屋ダイアモンドホールです。おもえば、ファーストアルバムの「退屈の花」を、某友人に「そそのかされて」しかも「格安で」「初回限定版を」「GEOで!」買ってから、わたしとバインとのつきあいが始まったといえるでしょう。 当時は、僕の中ではまさにスピッツ一色で、グレイプバインなんて、という思いもありました。しかし、Lifetimeが発売され、そしてHereが発売されるにいたり、次第にバインを聞くようにもなりました。Hereを初めて聞いたときの、あの衝撃は忘れることはできませんね。そう、1曲目の「想うということ」ですよ。 今回のライブは、その「想うということ」から始まりました。正直言って、アルバムを初めて聴いた時のような衝撃はありませんでした。でも、ね、なんというか、好きです、という感じでした。 僕はこれまで、あまりライブに行ったことはありません。それだからなのでしょうか。ものすごく考えることが多くて、こんなに考えたライブは初めてでした。なにを考えたか。それは、自分のバンドのこともそう。亀ちゃんの頭もそう。なんだかよく動く西川さんをみて、「でも田村の方がよく動くな」と思ったり。リーダーって、結構若く見えるな、とか。なんでみんな関西弁を話すんやろ?とか。 そんなどうでもいいことから、真剣に考えなくてはならないことまで、ぐるぐると頭の中を巡っていました。なぜ、こんなに考えるのか、と考えたくらいです。(堂々巡りともいう) 途中、ふっと思考がとぎれ、田中君の声が頭に響いてきました。どの曲かは忘れてしまったのですが、なんだか涙が出そうになりました。最近涙もろくなったなぁ、と感じてはいますけど、それもちょっと関係有るのかしら?いや、純粋に、言葉に、そのメロディーに、魅せられた結果なのかもしれない。となりにいた某友人はだーだー泣いていましたが。 そのあとは、あまり覚えていません。亀ちゃんの投げた「犬の食べ物」ほしかったなぁ。田中君の投げたTシャツで、ちょうど円を書くように人が倒れていった様は圧巻でした。ちょっと上の席からみていたので、その様子がよくわかったのです。リーダー、おにぎり投げたよ。とった人、そのおにぎりどうするんだろうか?もったいなくて食べられないよ、などと言っている間に、かびかびになりそうです。冷凍保存しとく? このライブが終わったあと、僕はグレイプバインをよく聞くようになりました。そしてそこに、自分のバンドの姿をも重ね合わせていることが多くなりました。