Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

EudoraからMail.appへ(その2)

EudoraからMbox形式への変換はうまくいった.あとはそれをmail.appで読み込むだけだ.ところがここからが誤算だった.約7万通(10年分)のメールを読み込む時間はなんと数時間.途方もなく待たなくてはならなかった.まあこれは寝てる間に終わったからまだ良かったんだけど. 問題はこの後である.読み込んだメールはすべて「未読」となるだけでなく,迷惑メールの判定もめちゃくちゃで,いちいちチェックして迷惑メールではないことをmail.appに覚えさせなくちゃならない.これが手動でしかできなくてげんなり.もちろん,「迷惑メールフォルダ」にまとめて,一括して解除すればいいのだが,もう一つ,迷惑メールフォルダに一度振り分けられたメールは,迷惑メールではないという設定をしてもそのまま迷惑メールフォルダにとどまり続けるのだ.これはやっかいな問題だ. 仕方ないので,メールボックスひとつずつ選択し,すべて選択,未読,迷惑メールではないという作業を行った.これにまた途方もない時間がかかった.もう二度とやりたくない. そして問題がもう一つ.フィルタ(mail.appではルールといわれている)をはじめから作り直さないといけないことだ.これまでは厳しめのフィルタを設定し,フォルダに分けてメールを管理していたが,それを一から構築するのがめんどくさい.というわけで,とりあえずなんでも受信箱に入れておくことにするが,そうすると重要なメールが埋もれてしまうし・・・ とりあえず,ルールはその都度その都度設定することにし,はじめは受信箱だけで管理してみた.ルールができあがるにつれて,受信箱に入ってくるメールは少なくなるので,重要なメールもこれで見逃すことは少なくなるだろう. しかし,そうするとルールで振り分けられたメールを次第に見なくなってくる.どうでもいいDMなんかはいいんだけど,研究系のMLなんかもほったらかしになってしまった.うーん,なんかいい方法はないものか. とりあえず現在は,スマートメールボックスで「今週来たメール」をまとめて表示させるようにしている.今後,そこからダイレクトメールは外す設定にするとかすれば,なんとか実用になるだろう.

EudoraからMail.appへ(その1)

MacBookにデータを移行させるとき,一番大きな問題はメールデータの移行である.ちなはこれまでEudoraをメインに使っていた.フリーソフトの時代から愛用しているメールソフトだ.途中でArenaに浮気したこともあるが,結局は戻ってきている. しかし,OS Xになり,Apple純正のメーラが登場すると,だんだんそっちも使いたくなってくるのが人情.Eudoraもhtmlメールがうまく表示されなかったり(ブラウザから表示させれば無問題),サポートが次第にずさんになっていったり(とうとうwin版からバージョンアップするようになってしまった),いろいろ問題を抱えているからだ. なので,研究室(iMac G5)では試験的に4月から使っていたのだが,MacBook入手を機に本格的に利用してみようと思った.ただ,Eudoraそのものも捨てがたいため,家で使っているメインマシン(Mac mini)ではEudoraを使い続けることにした. さて,データとして何を移行させるべきか?これは難しい問題である.Eudoraのもう一つだめな点として,添付ファイルの管理がなってないということがある.つまりEudoraでは,添付ファイルはそのまま「Attachments Folder」に収納されるのだが,その際にメール本文と別になってしまうのだ.Eudora内であれば問題ないのだが,別のメーラにデータを移行させる際それが大問題となる. しかしそれ以上に,メールの本文を移行させるのが非常に難しい.Eudoraは一つのメールボックスを一つのファイルとして管理しているが,Mail.appは一つのメールを一つのファイルとして管理しているからだ.まあそういうのは移行ツールを使えば問題ないのだけれども,ところがどっこい,Mail.appについているインポートツールではEudoraのメールデータを読み込むことができないのだ!これはとても問題である. 世の中には思いを同じにしている人がいるようで,いくつかのブログを見ると,まあ皆さん苦労しているようだ.まずEudoraからNetscapeに読み込ませ,さらにそれをインポートしてMail.appに読み込ませてみる,ということを試した人もいた.でもこれまでにためにためたメールはざっと7万通.それらが数多くのメールボックスのなかにちりばめられていることを考えると,とてもじゃないけどいちいちそんな苦労をすることはできない.どうしたものか?? そんなとき見つけたのが「Eudora2Mbox」である.これは,EudoraのメールボックスをUNIXのmbox形式に変換してくれるツールである.つまり,これで一度変換したものを,mail.appで読み込めばすべてOKというわけだ.個性的なアイコンもおもしろい.変換もそれなりに時間はかかるものの,ほかっておけばあとはMacがやってくれる.これでデータの移行はうまくいくかな.

初めての演奏会は何の味?

この日,ちながこちらでお世話になることにした札幌ユース吹奏楽団が出演するイベントが,すすきので行われた. ユースはこのイベントのトリを飾る.演奏する曲は1曲だけ(アメグラ16)だけど,がんばろうと思った.最初の演奏会だし. ところが,その日は駒大苫小牧の決勝(第1試合目).うちらのいる場所は三越前の交差点だったが,そこには大型モニターと,それを鑑賞する人々.空からは取材ヘリ.おいおい,誰も聞いてないよ・・・ うちらの演奏が終わったときに拍手が起こったのだが,それはちょうど誰かがヒットを打ったためらしい.なんだかな.さんざんだったな.結局試合が終わるまで楽器運搬もできず,仕方ないので打楽器の前に座りながら,数人でちなの携帯のテレビを見ながら試合が終わるのを待っていた.(あげくのはてに引き分け再試合だし) ま,楽しかったけどね.こんなこともありかな.

吹奏楽団に入る

札幌に来て数ヶ月.そろそろこちらの吹奏楽団に入ろうと画策中. お目当ての楽団は,来週本番があるらしい.練習は来週の前日だけだって.まるで岐響みたい・・・よくよくたずねたら,すでに1か月前にやったことのある曲ばかりを2曲ほどするだけらしい.なんだ.で,曲はアメグラ最新作らしい.

ニュー・サウンズ・イン・ブラス 2006岩井直溥 東京佼成ウィンドオーケストラ 星出尚志

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これか.このCDか?いまamazonで注文して来週末の演奏会に間に合うのか?今はお盆なのに発送してくれるのか? あとはムーンライト・セレナーデだって.これは有名な曲だからな.まあいいか.