Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

研究はつらいよ〜3日目

ここのところ英文でメールを書いてばかりいるのだが,これって以外と時間がかかる.数時間かかって1通の返事を書くこともしばしば.しかも,その内容が本当に正しいのか(失礼でないのか)というのは自分ではよくわからない.

渡航前,自分の指導教官にとことんメールの文面を指導された経験があるので,気をつけてはいるつもりではある.でも,指導教官のところに持って行くときにもそれなりに気をつけていたけど,すごく訂正されたりしたので,やっぱり怖い.自分はいつも間違った英語を書いているのではないかと思う.

まあそれでも意外と(?)話しは通じるもので,いろいろと粘って交渉してみた結果,ここ2,3日問題になっていた件については,なんとかなりそうな雰囲気にはなってきた.といっても結局授業の観察はさせてもらえるというわけではなく,メールで質問紙調査ができる,という程度.それでも少し前進,と考えられる,かな?

キヤノンのビデオを使う(ことになるのか?)

さて,今後いつになったら使えるのか分からないキヤノンのビデオ.せっかくこっちに持ってきたんだけどな.一応機材を紹介しておこう.

本体はiVIS HF-11.昨年発売されたもの.ダブルメモリーとはいえすでに旧型.なんともまあ,dogs yearとはよく言ったものだ.現在家の棚の中でほこりをかぶっている.そういえば最近ちょっと使ってみたかなって程度.もったいない・・・

Canon フルハイビジョンビデオカメラ iVIS (アイビス) HF11 iVIS HF11 キヤノン 2008-08-15売り上げランキング : 30487

Amazonで詳しく見る by G-Tools

それにワイコンレンズとマイクロホンをつけると,いっちょまえの撮影機器に変身.

Canon ワイドコンバーター WD-H37II キヤノン 2008-08-07売り上げランキング : 5342

Amazonで詳しく見る by G-Tools Canon 指向性ステレオマイクロホン DM-100 キヤノン 2008-03-07売り上げランキング : 10867

Amazonで詳しく見る by G-Tools

あとは三脚さえあれば・・・

あ,そうそう.カメラで音を撮るときに強力に利用できるのがワイヤレスマイクだ.実はSonyからはBluetoothでつなげるワイヤレスマイク(もちろんSonyのハンディカムのみ対応)が出ていて,これが本当にすばらしい.ちなも一度使ってみたことがあるが,すごい,の一言. たとえば古田さん@道具眼のエントリ(ビデオカメラ用ワイヤレスマイク)に,いろいろと使用感が書かれているので参考にしてほしい.

それで問題なのは,じゃ,何がキヤノンのビデオに接続できるのか,ということだ.いろいろ検索したけどなかなか見つからず.同じく道具眼のエントリ(SANYO HM-W300買ってみました)を見て,SanyoのワイヤレスマイクHM-W300にちょっと興味を持つ.

SANYO ワイヤレスマイク HM-W300

三洋電機 2007-10-21売り上げランキング : 12231

Amazonで詳しく見る by G-Tools […]

研究はつらいよ〜2日目

指導教員よりメールが来る.まだ(stillって書いてあった)ビデオとか取ろうとしてるからいけないんじゃないの?とのこと.

いや,まだもなにも,そういう計画で作ったんだから,まずはその計画をAdministrationに示しただけなんだけど・・・こういうとき英語の「ニュアンス」が微妙に分からなくて憂鬱になる.

Administrationの返事も,たとえば「授業観察は無理だけど,質問紙調査だけならいいよ」とか「ビデオで撮影しないんだったらいいよ」とか言ってくれれば,こっちにも動きようがあるんだけどな・・・まあ,自分たちには何の利益もないんだから,仕方ないと言えば仕方ないか.

とりあえずAdministrationにメールを送って,もう少し粘ってみることにしよう.

それにしても,「フィールドを確保する」という作業は本当に大変だ.知り合いの大学院生もフィールドが確保できないと言って泣いていたし.はぁ,研究はつらいよ.

研究はつらいよ

現在,こちらの大学の授業を観察(もちろん研究目的)させてもらうため,いろいろと動いている最中.きちんとEthical Protocolも書いて申請し,数か月かけて通した.で,次はそれぞれのDeanから研究の許可を得るのだが,今日あるFacultyからなんと「不許可」をもらってしまった・・・

結構軽く考えていて,書類にサインしてもらうだけの作業になると思っていたら,なにがなにが.時間をかけてじっくり検討されたあげく(途中夏休み含む・・・),まさかの不許可.目の前が真っ暗になってしまった.まあ,こういうことをきちんとDean(正確にはAssociate Deanも含むAdministrationなんだけど)が把握して,いけないことはいけない,と言えるシステムになっていることはすごいと思うし,こんな日本からの研究者よりも,教室にいる学生たちのことを考えている,ということにも納得ができないわけではないんだけど.(不許可の理由の一つはプライバシーの問題.そして教室に「異質な人」が入ってくることへの危機感.この研究はtoo intrusiveなんだってさ.)

とりあえず指導教員にメールで善後策を聞いているところ.ショックはでかいなぁ.

他にもまだお願いしているのだけど,そこでも不許可になったら,はっきり言ってこちらに来た意味がない.