Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

RedHat Linux セキュリティアップデートその2

さて,前回見つけたサイトを読みながら,今後の行動を考えよう.この記事の目次はこんな感じである.以下,それに沿って作業を進めていくことにしよう(というか,勉強しつつ作業という感じか?).

1.はじめに 2.アップデートの重要性 3.有償アップデートの選択肢 4.fedoralegacyプロジェクト 5.aptによるアップデート 5_1.aptパッケージのインストール 5_2.GPG署名のインポート 5_3.パッケージのアップデート 5_4.インストール後の確認 6.おわりに

前半部分(1~4)を簡単にまとめると,「とにかくRedHatのセキュリティアップデートを無料で簡単に行いたかったら,fedoralegacyプロジェクトのアップデートパッケージを利用すべし」ということになる.ただし,fedoralegacyのサイトをみると,RedHatの7.2と8.0はsuspendedみたいなことが書かれている.

Red Hat Linux 7.2 and 8.0 support from the Fedora Legacy Project has been officially suspended due to lack of community involvement.

しかし今回ちなが扱う対象はRedHat7.3なので,これは無視できるな.うん.英語も何が書いてあるかよく分からないからもういいや. というわけで,後半部分に移ろう.どうやら,上記のセキュリティアップデートを自動で行ってくれるような仕組みが存在しているようだ.それらは「yum」とか「apt」とかいうモノらしい.とりあえずこのサイトではaptを使ったアップデートを紹介しているので,ちなもそれを使ってみることにしよう.