Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

EudoraからMail.appへ(その1)

MacBookにデータを移行させるとき,一番大きな問題はメールデータの移行である.ちなはこれまでEudoraをメインに使っていた.フリーソフトの時代から愛用しているメールソフトだ.途中でArenaに浮気したこともあるが,結局は戻ってきている. しかし,OS Xになり,Apple純正のメーラが登場すると,だんだんそっちも使いたくなってくるのが人情.Eudoraもhtmlメールがうまく表示されなかったり(ブラウザから表示させれば無問題),サポートが次第にずさんになっていったり(とうとうwin版からバージョンアップするようになってしまった),いろいろ問題を抱えているからだ. なので,研究室(iMac G5)では試験的に4月から使っていたのだが,MacBook入手を機に本格的に利用してみようと思った.ただ,Eudoraそのものも捨てがたいため,家で使っているメインマシン(Mac mini)ではEudoraを使い続けることにした. さて,データとして何を移行させるべきか?これは難しい問題である.Eudoraのもう一つだめな点として,添付ファイルの管理がなってないということがある.つまりEudoraでは,添付ファイルはそのまま「Attachments Folder」に収納されるのだが,その際にメール本文と別になってしまうのだ.Eudora内であれば問題ないのだが,別のメーラにデータを移行させる際それが大問題となる. しかしそれ以上に,メールの本文を移行させるのが非常に難しい.Eudoraは一つのメールボックスを一つのファイルとして管理しているが,Mail.appは一つのメールを一つのファイルとして管理しているからだ.まあそういうのは移行ツールを使えば問題ないのだけれども,ところがどっこい,Mail.appについているインポートツールではEudoraのメールデータを読み込むことができないのだ!これはとても問題である. 世の中には思いを同じにしている人がいるようで,いくつかのブログを見ると,まあ皆さん苦労しているようだ.まずEudoraからNetscapeに読み込ませ,さらにそれをインポートしてMail.appに読み込ませてみる,ということを試した人もいた.でもこれまでにためにためたメールはざっと7万通.それらが数多くのメールボックスのなかにちりばめられていることを考えると,とてもじゃないけどいちいちそんな苦労をすることはできない.どうしたものか?? そんなとき見つけたのが「Eudora2Mbox」である.これは,EudoraのメールボックスをUNIXのmbox形式に変換してくれるツールである.つまり,これで一度変換したものを,mail.appで読み込めばすべてOKというわけだ.個性的なアイコンもおもしろい.変換もそれなりに時間はかかるものの,ほかっておけばあとはMacがやってくれる.これでデータの移行はうまくいくかな.