ちなのひとりごと

EudoraからMail.appへ(その2)

カテゴリー コンピュータ :(2006/08/25 3:29 pm)

 EudoraからMbox形式への変換はうまくいった.あとはそれをmail.appで読み込むだけだ.ところがここからが誤算だった.約7万通(10年分)のメールを読み込む時間はなんと数時間.途方もなく待たなくてはならなかった.まあこれは寝てる間に終わったからまだ良かったんだけど.
 問題はこの後である.読み込んだメールはすべて「未読」となるだけでなく,迷惑メールの判定もめちゃくちゃで,いちいちチェックして迷惑メールではないことをmail.appに覚えさせなくちゃならない.これが手動でしかできなくてげんなり.もちろん,「迷惑メールフォルダ」にまとめて,一括して解除すればいいのだが,もう一つ,迷惑メールフォルダに一度振り分けられたメールは,迷惑メールではないという設定をしてもそのまま迷惑メールフォルダにとどまり続けるのだ.これはやっかいな問題だ.
 仕方ないので,メールボックスひとつずつ選択し,すべて選択,未読,迷惑メールではないという作業を行った.これにまた途方もない時間がかかった.もう二度とやりたくない.
 そして問題がもう一つ.フィルタ(mail.appではルールといわれている)をはじめから作り直さないといけないことだ.これまでは厳しめのフィルタを設定し,フォルダに分けてメールを管理していたが,それを一から構築するのがめんどくさい.というわけで,とりあえずなんでも受信箱に入れておくことにするが,そうすると重要なメールが埋もれてしまうし・・・
 とりあえず,ルールはその都度その都度設定することにし,はじめは受信箱だけで管理してみた.ルールができあがるにつれて,受信箱に入ってくるメールは少なくなるので,重要なメールもこれで見逃すことは少なくなるだろう.
 しかし,そうするとルールで振り分けられたメールを次第に見なくなってくる.どうでもいいDMなんかはいいんだけど,研究系のMLなんかもほったらかしになってしまった.うーん,なんかいい方法はないものか.
 とりあえず現在は,スマートメールボックスで「今週来たメール」をまとめて表示させるようにしている.今後,そこからダイレクトメールは外す設定にするとかすれば,なんとか実用になるだろう.

コメント

コメント(2) “EudoraからMail.appへ(その2)”

  1.  いやーおっしゃるとおりですよ.難しいったらありゃしない.
    世の中にメーラは山のようにあるけれども,せめてメジャーどころはある程度スムーズに移行できるような仕組みにしてほしいと思います.はい.
    sakamotoの兄貴も大変ですな.

  2. sakamoto

    ボクは今月の頭に,Windows(XP)からLinux(Fedoracore)にOSを変えました.
    このとき,tinaの兄貴が書いているような,メールの移動作業をしました.大変でした.いまだ完全移動ができていません...
    運よく,Windowsで使っていたメーラーに,添付ファイルも一緒にmbox形式に変換してくれるエクスポート機能があったので,楽ではあったのですが,Linux環境にもってきてからが大変でした.
    tinaの兄貴が書いている,まさにその作業(振り分けのルールの設定をしたり,未読になっているのを既読にしたり)をしなければなりませんでした.
    「標準化して」とまでは言いませんが,スムーズに移行できると嬉しいですよね(時間的に).

コメントする