Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

秋葉原に行ってきた

ずっと興味はあったものの,なかなか行けなかった場所.アキバこと秋葉原(アキバと書くとなんか知り合いみたいでやだ).今回悪い後輩の薦めもあり,行ってみることにした.今回のお目当ては「メイドカフェ」である. 以前にも秋葉原には行ったことがある.しかしそのときは,どこに何があるかよく分からないまま,適当に電気屋を見て(しかも時間もあまりなかったし)帰ってきてしまった.今回は少なくとも3時間程度はいられるだろう.意気揚々と駅のホームに降り立った. ・・・・ここで困った.はて,どの出口から出ればよいのか?電気街口,中央改札口,昭和通り口と3つも出口がある(写真参照). よく分からなかったので,ずーっと歩いて昭和通り口から出ることにした.荷物が多かったので,出たところにコインロッカーでもないかな,と思ってうろうろしたが見つからない.仕方なくどこどこあるいていくと,なんと中央改札口へ来てしまった.しかしここのコインロッカーも全部使用中・・・結局,電気街口へ抜ける通路の途中にあるコインロッカーを使用した.しかも万札しか持ってなくて,近くのコンビニで両替してもらう羽目に・・・ さて,意気揚々と歩きだす.さっそくメイド姿っぽい人がビラを配っている.もらうにはもらったのだが,恥ずかしいのであとでこっそり見ようと思い,いそいそと鞄の中にしまった.そのときちょろっと「シスター」の文字が.おぉ,「おにいちゃん」とか「おねえちゃん」とか呼ばれるあの禁断の地が・・・と興奮を抑えられずにはいられない.さっそく向かおうと思ったが,まだまだ情報収集をせねば,と思い,配っているものは何でももらおうと思った矢先のことだった. 絵はがきを配っているお姉さんがいて,それを何の躊躇もなくうけとったところ,「せっかくなので中で絵を見ていってください.ギャラリーみたいなものなので」と言われ,店内に連れ込まれてしまったのだ.しかもなぜか名前と住所と電話番号を書かされた.まあギャラリーだからな,と思い,そそくさと2階に上がると,なんか下から別のお姉さんが来て,いろいろと説明を始めたのだ.はじめは親切でやってくれてるのかと思ったのだが,よくよく店内を見ると,みな同じように説明を受けている.そしてその説明は,どれも判で押したように同じ説明であった. ここに飾ってある絵は,シルクなんとかという複製品で,1作品60−150万くらいする.いわゆる悪徳商売ではなさそうなのだが,いかんせん絵には全く興味のないちなには無用の長物.しかし元来の好奇心(かつては某新興宗教施設に潜入したこともある)には勝てず,いろいろと質問をしたり,お姉さんの話を聞いたり,うちはローンは組まんのじゃなどとお話をしていた.お姉さんがかわいかったし,音楽やってたし,好みの絵が同じ(おそらくこのあたりはうさんくさいのだけど,彼女を信じよう)だったし,まあいいかと思って話をしていたのだ. 気づけば1時間以上が経過していた.ここで勇気を振り絞り,お姉さんに「絵は買わない」と伝えることができた(何で今頃・・・).もっと早く言えば良かったなぁ.しかし失われた時間は戻ることもなく,初めてのメイドカフェツアーには早くも暗雲がたれ込めてきていたのであった. 長くなったので次回に続く.ちなみに,ちなが時間をロスしてしまったのはここ.あえて名前は出さないけど.秋葉原マップの「絵を売ってるお店1」にも記事があったのでついでにリンクしておこう.