Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

おかえりなさい,おにいちゃん

<前回までのあらすじ> 秋葉原のメイドカフェを目指したが,画商の姉さんやシスター違いなど幾多の困難が待ち受けていた.

噂のシスターカフェを出た後,ちなは非常に落ち込んでいた.そもそもここはどこだ?人が歩いていない.このあたりはいわゆる萌え空間ではなさそうだ.悪い後輩の一言「Laoxを目指せ」これだけを合い言葉に,もう一度駅の方に戻ってみた.まだしばらく滞在時間はあるはずだ... ・・・ いやー,最近はこんなゲームが出てるのか・・・ダ・カーポIIって何?・・・お,ここはビデオゲームのフロアか!オタクらしき普通の青年が平日なのにゲームに興じておるな.・・・最近は涼宮ハルヒなるものが人気なのか・・・ここはガンプラがいっぱいだ. などと,すっかり通常の店舗を見学してしまった.まあアキバだからこれもいいよね.と思っていると,「秋葉原無料案内所」というところがあった(ゲーマーズ本店の前).メイドさんがひとりぽつんと座っている.1度目は素通り(だって恥ずかしいし).ぐるっと回って2度目に声をかけ,アキバマップをもらった.これでやっと,自分のいる場所と,ほかにどんな場所があるのか知ることができる.よくRPGゲームで,地図なしでやるととんでもないところに行ったりするけど,今の自分はまさしくその状態からやっと脱出できた!という喜びで一杯である. さてさて,地図をのぞき込むと,一番上の目立つ場所に「妹系カフェ」の文字が!ご丁寧にも「お帰り お兄ちゃん お姉ちゃん」などと書かれている.しかも「世界唯一の妹系カフェ」なんだって.Pash Cafe nagomiという名前で,ウェブサイトもあるようだ.今日の日テレ系「Gの嵐」という番組でも取り上げられるらしい.結構テレビでも有名なカフェなんだって. これはいくしかないでしょ!と考え,さっそく向かう.途中道に迷ったけど(やっぱりか・・・)それでも何とかたどりついた. ↓ここが正面から見た感じ.某ビルの2階にそのカフェはあった. 中に入ってみる.「お帰りなさい,お兄ちゃん」の声.あぁ,今自分はまさにここに帰ってきたのだ.幾多の苦難を乗り越え,帰り着いた場所.みればちょっとかわいらしい格好をしたまあまあかわいい子.そんな子に案内されて,カウンターへ.喫煙席はカウンターなのだ.そしてカウンターはどちらかというと全体から隔離されているのだけど. 妹が注文を取りに来る.「何にする?」すでにシスターカフェでオムライスを食してしまっていたので,しかたなくアイスコーヒーを注文.あとから思ったのだが,もっとメニューをしっかり見ておけば良かった.どうも「妹とゲームする」なんてのもあるみたいで,席に座っていた男が妹とUNOをやっていた.壁にはいろんなメニューも張ってあるし. 店内には結構客がいる.男も女もいる.意外とはやっているみたい.BGMは何かのエロゲみたいな変な曲だし(しかも目の前に置いてあるラジカセから).オタクみたいなのもいて,どうもDSをやっているようだ.さすがアキバのカフェである. 妹がコーヒーを持ってくる.「シロップとかいる?」おー,いわゆるタメ口だ.さすが妹.ところがその後,妹がちなにからんでくることはなかった.もっと濃厚な?ものを想像していたのだが,そうではないらしい.たかがコーヒー1杯の客にそこまでサービスできないと言うことなのだろう. まったりとそれでいてなんとなく寂しい時間を過ごした後,会計をお願いする.なんと秋葉マップを持っていると「妹とじゃんけんして勝ったら100円引き」というサービスがあるので,さっそく,先ほどとは別の妹とじゃんけんをする.勝った.中途半端に喜んでしまった. お金を払って,「いってらっしゃい」の声を聞きながら店を出た. いやー,秋葉原のカフェってなかなかいいもんだ.次こそは「メイド」カフェに行ってみたいものだ.最近はメイドのフットケアとかもあるみたいで,一大ムーブメントになっているのを実感する. しかし,よくよく考えてみるとあこぎな商売だ.タメ口きいてフリフリの服を着ていれば,ちょっと高めのコーヒー代をとれるのだから.シスターカフェに至ってはただのコスプレ喫茶だし.まあコスプレとかそういうものに付加価値が生まれる時代なのだなぁと思った. そしてあれを「萌え〜」とか言ってるのはやっぱりおかしいと思う.女の子が手当たり次第に「かわいぃ〜」を連発してるのとそれほど変わらないだろう.ちなが「萌え〜」を聞き始めた頃と比べると,いわゆる「インフレ」というやつで,言葉の持つ重みが少なくなってきているのだなぁと思う.やっぱり萌えは2次元に限る.うん.昔からアニメが実写になると少なからず違和感を抱いていたが,その違和感がまさにいま感じている違和感と同じなのかもしれない. ほら,昔近所のヨーカドーで「ガンダムショー」があったとき,シャア(でもかぶりもの)とガンダムが同じ大きさでげんなりしたあの感覚だよ.わかるかい? そういう意味では,人間の想像力ってすごいんだな,と思う.3次元はあまりに生々しいが,2次元ではそれがなくなり,人の想像力の中でキャラが生きてくる.あれ?そうすると一番萌えなのは「小説」(1次元??)になってしまうか・・・