Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

ある家具屋の倒産

新しいマンションも購入し,引っ越しを1週間後に控えた今日,一本の電話がかかってきた. 聞いたことのない会社の人だった.彼は,ちなが新しいマンションで使用する家具を購入した家具屋が倒産したと言った. は?倒産?なにそれ? すでにお金は支払ってしまっているんですけど,どうなるんでしょう? ソファーとか,カーテンとか,ウン十万単位で支払っているんですが・・・ 電話をしてきたのは,カーテンを扱っている問屋さんで,うちの分はもうオーダーメードで作ってしまっているのでどうすればいいかという内容だった.そんなこと言ってもお金はすでに支払い済みだし.仕方がないので,直接家具屋の店長に確認してもらうことに.とりあえず,明日の朝もう一度連絡が来ることになっている.店長はなんとかすると言ってくれたらしい. 実は,ちなが札幌に来たとき,すごくよくしてくれたのがこの店長だった.それ以来,家具はずっとこの店で買うようにしていた.まあ値引きもその分してもらっていたのだが・・・まさか倒産するとは思ってなかったな.でも相方は,元々家具屋で働いていたこともあってか,ちょっと怪しいと思っていたみたいだった. いやー,そういうことってあるんだなぁとびっくりして仕事が手につかないや.明日までに仕上げなくてはならない英語論文があるのに・・・ 今はとにかく,自分の家具がきちんと届くことと,店長をはじめ従業員のみなさんのことを心配することしかできない.携帯の番号知ってるから電話しても良いんだけど,まあ今電話しても何が変わるわけでもないしな,と無力感に襲われているところだ.