Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

Onmi Focus

MacでTo Doの管理をしようと思うと,使えるのはiCalについてくるToDoくらいしか思いつかない.実に使いにくいものだし,シンプルすぎて何の機能もなかったんだけど,Leopardになって,それがMailと統合されたので,これは使える!とものすごく期待していた.ところが,実際はあまり使い勝手がよくなくて,結局使わないままであった. その間To Doの管理は,おかしなアイコンでおなじみ,Devonthink proで行っていた.まあこれはチェックボックスを項目に付けるだけしかできず,日付の管理なども当然できなかったし.ちなは,終わったものをせっせと手動で「Finished」フォルダにぶち込んで,など,面倒きわまりないやりかたで管理していたものだった. 唯一の良い点は,といえば,項目が「ファイル」の名前なので,項目にいろいろとメモが書き込める点であった.だから,この仕事について,少しメモしておきたいな,と思ったらメモを残せたのだ. もちろん,DevonthinkでもTo Do管理はできる.いろいろなサイトには,そのやり方がとても詳しく書かれている.ためしにGoogleで,DevonthinkとGTDというキーワードで検索してみればよい. さて,それはそれとして,もっとうまい方法はないかと日々思っていたのだが,たまたま見つけたのがOmni Focusである.ぱっと見て,これはいままでやっていたTo Do管理を任せられるのではないか,と直観した.あのomniが出していることもあり,信頼性もありそうだし. 現在試用中だが,一つ気になるのが,やはり「フォント」の問題である.行間が「ずれる」のだ(いわゆる行間ガタガタ問題).これはOmni Outlinerでも出ている問題で,これゆえにちなはOpalを購入したほど腹の立つことであるのだが,まあTo Doは1行で書くので,それほど問題にはならないかもしれない.もちろん気にはなるけど.そういえばOpalは最近ちっともアップデートされないし,サポートも貧弱なので,どうしたもんか,と思っている. 話を元に戻そう(let’s keep on the track).ちなのTo Do管理程度のことであれば,Omni Focusは有効に利用できそうだ.あとは実際の購入と,Omni Focusをどのようにきちんと「位置づけるか」だな.まずは起動項目でいつでも起動するようにしないと. ちなみに,複数のmacでのデータ同期はできない.仕方ないのでちなは,OFのデータを「書類」フォルダ内に作成し,そのデータを同期する方法を用いて,擬似的に同期を行っている.同期を行っているソフトは,Synchronize! X Plus-Jである.