ちなのひとりごと

Onmi Focus

カテゴリー コンピュータ :(2008/04/03 11:47 am)

 MacでTo Doの管理をしようと思うと,使えるのはiCalについてくるToDoくらいしか思いつかない.実に使いにくいものだし,シンプルすぎて何の機能もなかったんだけど,Leopardになって,それがMailと統合されたので,これは使える!とものすごく期待していた.ところが,実際はあまり使い勝手がよくなくて,結局使わないままであった.
 その間To Doの管理は,おかしなアイコンでおなじみ,Devonthink proで行っていた.まあこれはチェックボックスを項目に付けるだけしかできず,日付の管理なども当然できなかったし.ちなは,終わったものをせっせと手動で「Finished」フォルダにぶち込んで,など,面倒きわまりないやりかたで管理していたものだった.
 唯一の良い点は,といえば,項目が「ファイル」の名前なので,項目にいろいろとメモが書き込める点であった.だから,この仕事について,少しメモしておきたいな,と思ったらメモを残せたのだ.
 もちろん,DevonthinkでもTo Do管理はできる.いろいろなサイトには,そのやり方がとても詳しく書かれている.ためしにGoogleで,DevonthinkとGTDというキーワードで検索してみればよい.
 さて,それはそれとして,もっとうまい方法はないかと日々思っていたのだが,たまたま見つけたのがOmni Focusである.ぱっと見て,これはいままでやっていたTo Do管理を任せられるのではないか,と直観した.あのomniが出していることもあり,信頼性もありそうだし.
 現在試用中だが,一つ気になるのが,やはり「フォント」の問題である.行間が「ずれる」のだ(いわゆる行間ガタガタ問題).これはOmni Outlinerでも出ている問題で,これゆえにちなはOpalを購入したほど腹の立つことであるのだが,まあTo Doは1行で書くので,それほど問題にはならないかもしれない.もちろん気にはなるけど.そういえばOpalは最近ちっともアップデートされないし,サポートも貧弱なので,どうしたもんか,と思っている.
 話を元に戻そう(let’s keep on the track).ちなのTo Do管理程度のことであれば,Omni Focusは有効に利用できそうだ.あとは実際の購入と,Omni Focusをどのようにきちんと「位置づけるか」だな.まずは起動項目でいつでも起動するようにしないと.
 ちなみに,複数のmacでのデータ同期はできない.仕方ないのでちなは,OFのデータを「書類」フォルダ内に作成し,そのデータを同期する方法を用いて,擬似的に同期を行っている.同期を行っているソフトは,Synchronize! X Plus-Jである.

コメント

コメントする