ちなのひとりごと

WordPressにカウンタを設置する

カテゴリー WordPress :(2009/02/21 12:12 pm)

 

サイトを構築したら次にすることと言えば,カウンタを設置することである.現在すでにカウンタが設置されているが,これはcounterize IIというプラグインを利用したもので,アクセス解析までついている.もともとはドイツで開発されたものらしい.
設置はWordPressのアクセス解析(カウンター)プラグインCounterize IIを導入(おぼえがき)を参考にした.注意する点としては,日本語で使う場合にフォルダ内にある counterize-ja_UTF.mo と counterize-ja_UTF.po から「_UTF」 の部分を削除してcounterize-ja.mo,counterize-ja.po にリネームすることくらいだろう.あとはpluginフォルダにアップロードして,管理画面からスイッチをオンにするだけ.びっくりするほど簡単に設置が終了する.ただちなの場合は,どこにpluginフォルダがあるかわからず,またさまよう羽目になったが・・・(wp-contentフォルダの中にあった!)
ついでに,昨日のカウントができるように改造した.先ほどのリンク先にももちろん記事が掲載されていたが,そのほかにも「WordPressのプラグイン 「Counterize II」を入れてみた(我が心のあれこれ)」「WordPress用カウンター plugin counterize II(芸人社長のブログ)」などのサイトを参考にした.
具体的には,232行目の
# Returns amount of hits today.
function counterize_gethitstoday()
{
$today = date(“Y-m-d”);
$sql = “SELECT COUNT(1) FROM “.counterize_logTable().” WHERE timestamp >= ‘$today'”;
$wpdb =& $GLOBALS[‘wpdb’];
return $wpdb->get_var($sql);
}
この下に昨日のカウントを得られるように変更したものを追加する.
# Returns amount of hits yesterday.
function counterize_gethitsyesterday()
{
$today = date(“Y-m-d”);
$yesterday = date(“Y-m-d”,strtotime(“-1 day”));
$sql = “SELECT COUNT(1) FROM “.counterize_logTable().” WHERE timestamp >= ‘$yesterday’ AND timestamp < ‘$today’ “;
$wpdb =& $GLOBALS[‘wpdb’];
return $wpdb->get_var($sql);
}
修正したファイルのみをpluginフォルダ(wp-content/plugins)に再びアップロードして,プラグインの有効化をしてみたところ,これでとりあえずカウントはできるようになったっぽい.
最後に,それをどうやってウェブに表示させればよいのか?ちなさいとではまだテーマがデフォルトのままなので,そのうちに変更しないといけないのだが,現時点では以下の通りにした.
管理画面→外観→テーマからサイドバー(sidebar.php)を選択.どこか適当な箇所に
<h2>カウンタ</h2>
<ul>
<li>今日: <?php echo counterize_gethitstoday();?></li>
<li>昨日: <?php echo counterize_gethitsyesterday();?></li>
<li>合計: <?php echo counterize_getamount(); ?></li>
</ul>
と書くことでとりあえず表示されるようになった.あとはきちんとテーマを決めて,カスタマイズすればいいんだな.
疑問.これまでのカウントを引き継ぐにはどうすればよいのだろうか?

コメント

コメントする