Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

あぁ勘違い

大変なことが判明した.どうやらRedHatのバージョンが7.3ではないようだ.先ほどから挙動がどうもおかしいので,ちゃんと調べてみることにした.

# cat /proc/versionLinux version 2.4.7-10 (bhcompile@stripples.devel.redhat.com) (gcc version 2.9620000731 (Red Hat Linux 7.1 2.96-98)) #1 Thu Sep 6 17:27:27 EDT 2001

あれ?7.1?

# cat /etc/redhat-releaseRed Hat Linux release 7.2 (Enigma)#

ということ.つまり,このサーバ上のRedHatは,7.2だったというのだ.どうりでなんか表示がおかしかったわけだ・・・ さて,気を取り直して,なぜ先ほどアップデートができなかったのかを検証してみた.これは LinuxQuestions.orgに似たような問題を抱えた投稿が載っていた.

質問者 .package iptables needs kernel that has been excluded package iptables needs kernel that has been excluded I don’t […]

あらためてyumのインストール

step 2:yumのインストール ここは予想通り簡単に行った.

# rpm -ivh http://download.fedoralegacy.org/redhat/7.3/legacy-utils/i386/yum-1.0.3-6.0.7.x.legacy.noarch.rpmhttp://download.fedoralegacy.org/redhat/7.3/legacy-utils/i386/yum-1.0.3-6.0.7.x.legacy.noarch.rpm を取得していますPreparing… ################################# [100%] 1:yum ################################# [100%]#

Step 2.1: ミラーサイトの追加登録 yumがアクセスするためのミラーサイトを追加登録.まあこれはオプションなので,とくにやらなくてもいいでしょ.ということですっとばす. Step 2.2:GPGキーを追加 GPGキーを追加する必要があるらしい.Noticeのところに,1回も起動してない場合はもう一度起動させてとか書いてあるのでちょっと不安になったが,とりあえずやってみよう.

# gpg –import /usr/share/doc/yum-1.0.3/*GPG-KEYgpg: /root/.gnupg: 辞書ができましたgpg: /root/.gnupg/options: 新しいオプション・ファイルができましたgpg: オプション・ファイルを読み直すよう、GnuPGを再起動してください#

GnuPGってなんだろ?と思って調べてみる.どうやらPGPのような公開鍵暗号らしい.ここ(えふめも)を参考にして,gpgをもう一度起動させてみる.途中でctrl+cを押下し,空の鍵束を作成することにした.

# gpggpg: /root/.gnupg/secring.gpg: 鍵輪ができましたgpg: /root/.gnupg/pubring.gpg: 鍵輪ができましたgpg: 開始します。メッセージをタイプしてください …^C(←ctrl+c押下)gpg: Interrupt caught … exiting#

これでいいんかな,と思ったけど,念のためもう一度公開鍵を作成した.よく分からないので,念のため一部伏せ字(***)にしておく.

# gpg –import /usr/share/doc/yum-1.0.3/*GPG-KEYgpg: 鍵8******5: 公開鍵を読み込みましたgpg: /root/.gnupg/trustdb.gpg: 信用データベースができましたgpg: […]

rpm依存性の欠如問題の解決のために

とにもかくにも,「依存性の欠如」エラーから抜け出さないと先には進めない.とりあえず,足りないモノを順番に入れていけばいいという至極簡単なセオリーを試してみる.エラーログを参考にすれば,「yum-1.0.3-6.0.7.x.legacy.noarch.rpm」のインストールには,「rpm-python 4.0.4以上」,「rpm 4.0.4以上」が必要らしい.じゃあ先にrpm-pythonをインストールしてみよう.

# rpm -Uvh http://download.fedoralegacy.org/redhat/7.3/os/i386/rpm-python-4.0.4-7x.18.i386.rpmhttp://download.fedoralegacy.org/redhat/7.3/os/i386/rpm-python-4.0.4-7x.18.i386.rpm を取得していますエラー: 依存性の欠如: rpm = 4.0.4は rpm-python-4.0.4-7x.18 に必要とされています popt = 1.6.4は rpm-python-4.0.4-7x.18 に必要とされています librpm-4.0.4.so は rpm-python-4.0.4-7x.18 に必要とされています librpmdb-4.0.4.so は rpm-python-4.0.4-7x.18 に必要とされています librpmio-4.0.4.so は rpm-python-4.0.4-7x.18 に必要とされています#

あぁぁ,やっぱりだめだったか・・・ これを見ると,popt 1.6.4というのが必要になりそうだ.そういえばこいつ,前回rpmを4.0.4にアップデートしようとしたときも表示されていたな.というわけで,fedoralegacyのサイトから,poptを無理矢理探し出した.どうせほかのrpmパッケージと同じディレクトリにあるんでしょ?と思ったら案の定ありましたぜ,旦那.

# rpm -Uvh http://download.fedoralegacy.org/redhat/7.3/os/i386/popt-1.6.4-7x.18.i386.rpmhttp://download.fedoralegacy.org/redhat/7.3/os/i386/popt-1.6.4-7x.18.i386.rpm を取得していますエラー: 依存性の欠如: popt = 1.6.3は rpm-4.0.3-1.03 に必要とされています popt = 1.6.3は rpm-devel-4.0.3-1.03 に必要とされています popt = […]

立ちはだかるrpmの依存性問題

Fedora LegacyのUsing Fedora Legacy’s yum for Red Hat Linux 7.xというドキュメントと,パッケージを最新に保つ(yum,aptの導入)(Shotaro Online)の二つを参考にしながら作業を進める. step 1:準備 1.root権限でログインする

$ su –Password:#

2.必要なパッケージを確認する yumを利用するには,gnupg, python,rpm-pythonが必要なため,チェックを行う.

# rpm -q gnupg python rpm rpm-pythongnupg-1.0.6-3python-1.5.2-35rpm-4.0.3-1.03rpm-python-4.0.3-1.03#

あ,みんなインストールされているみたいだ.rpmパッケージの最新版は4.0.4らしいのだが,Documentationには「RedHat7.3の場合,全部あるならとりあえず問題ないよ」と書いてあったので,そのままにしておこう. step 2:yumのインストール ところが,世の中そんなに甘くはなかった.意気揚々とyumをインストールしようとしたところ,以下のようになってしまった..

# rpm -ivh http://download.fedoralegacy.org/redhat/7.3/legacy-utils/i386/yum-1.0.3-6.0.7.x.legacy.noarch.rpmhttp://download.fedoralegacy.org/redhat/7.3/legacy-utils/i386/yum-1.0.3-6.0.7.x.legacy.noarch.rpm を取得していますエラー: 依存性の欠如: rpm-python >= 0:4.0.4は yum-1.0.3-6.0.7.x.legacy に必要とされています rpm >= 0:4.0.4は yum-1.0.3-6.0.7.x.legacy に必要とされています#

あれあれ??結局rpm,rpm-pythonともに4.0.4にアップデートしなきゃいかんのか... legacyのDocumentationには,

# rpm -Uvh […]

The Fedora Legacy Program

そろそろ実際のアップデート作業を始めたいのだが,まだそこにすらたどり着けていないちなである.調べていくうちになんとなく全体像が見えてきたので,簡単にまとめてみることにした.

Red Hat LinuxやFedora Coreの高品質なアドオンパッケージの開発を行うためのコミュニティプロジェクトがfedora.usである. 2004年にfedora.redhat.com上のfedora projectと合併され,現在はfedora extrasとなった.ここではRedHat8.0,9,Fedora Coreあたりを取り扱っている. いっぽう,ここで取り扱われない昔のディストリビューションについては,The Fedora Legacy Projectで取り扱うことになっている.

つまり,RedHat Linux 7.3を対象としているのであるから,fedora legacyを見ればよい,ということになる.うん,話が簡単になってきた. そしてまさにそのやり方は,fedora legacyのDocumentationのページの,Getting started…以降に書いてあった.しかしここをみると,RedHat 7.x用のaptは存在せず,yumを利用するしかなさそうだ.まあそれでも本来の目的は達成できるのだから,これはこれでいいのか... ちなみに,トップページからはDownloadのページにも行けるが,ここはマニュアルでアップデートをしたいユーザ向けのページなので,注意すべし.