Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

第5回 WILD SEEDS Vol.6(ライブレポその1)

第5回 WILD SEEDS Vol.6(ライブレポその1) 先日(4/14)、WILD SEEDS Vol.6というイベントに行って来ました。場所は名古屋クラブクワトロ。出演バンドは4つ。そのなかでもお目当ては「ステンレス」というバンドです。ステンレスは3番目の出演でした。 ちなはクワトロに行くのは初めてでしたので、すこしわくわくしながら行きました。で、中に入ったんですけど、一緒に行ったTちゃんが、うん?って顔をしている。どうやら、ステージの前に柵がなくて、さらに前の方まで机といすが置いてあるかららしい。相当客が少ないことを連想させる、そんなセッティングでした。 最初のバンドは、GENESH EXPRESS。東京スカパラダイスオーケストラみたいなバンドです。Drs, Bs, Gt, Tp×2, A.Sax×2, T.Sax, Tbという構成だったと思います。ちなは真正面の一番前に座っていましたが、ここからだとTpの人がよく見えました。 曲はまあまあ、ふつう、という感じでしょうか。彼らは、普段は道ばたで演奏しているみたいです。見かけたら声をかけてあげてくださいね。 思ったことが二つ。本当にこのメンバーでずっとやっているのだろうか?TpとTbの女の子は、なんとなくヘルプさんに見えました。特にTbは、テナーバス使ってるし、後うちばかりだし、ソロも何となく吹奏楽のソロっぽいぞ。 そしてTpの女の子。たまには僕を見てください。ずっと目つぶってるから・・・ 次のバンドは、apes。何て読むんだろ?Vo&G, G, B, Drの4ピース。VoとBが女の子。残りは男の子です。のっけからかなり勢いのあるサウンドを聴かせてくれました。おや?Drの人はマレットを使ってるぞ。それでタムタムを乱打してます。ギターはうぃんうぃんいってるし。もちろん、1曲目(もしかして、SEっぽかった?)が終わったらすぐに、Drの兄ちゃんはスティックに持ち替えてました。そういうところは見逃しませんよ。 でも、曲は、ボーカルが何言っとるかわからんから、ちょっと残念。声もハモリもちゃんとしてただけに、惜しまれます。ただ、一言だけいわせてもらうならば、ちなはこう言うでしょう。「曲の終わりでいちいち、せんきゅ。というのは、どうだろうか?」 さあ、おまちかね、ステンレス。でも、ステンレスのライブレポは、次回のちな言にて取り上げる予定なんです。ごめんなさい。 気を取り直して、最後のバンド。CHILD BEAM。用意している機材と、名前からして、打ち込み系なのかな?と思いました。でも甘かった。Drの人は、あれ?最初のバンドと同じ人じゃん。等と思っているうちに、(予想通り)打ち込みのサンプリング音が流れてきました。するとGの人が、何か叩き始めました。おそらくクロマチック・ゴング(知ってるかな?)だと思いますが、それをハンマーで叩き始めたのです。「これは、もしかすると、やばいなー」と思っていました。 しばらくして、舞台の前の方に、人が集まってきました。CHILD BEAM親衛隊かな?と思っていましたが、彼ら(彼女ら)は、曲(のビート)に合わせて踊り始めたのです。ここでちなは確信しました。こいつらは、トランスバンドだ、と。 ちな自身はトランスは好きなのでいいんだけど、とにかくスローテンポの曲が延々と続くとさすがに参ってきますね。となりにいたAちゃんもダウン寸前。個人的には、テンポの速いサイケデリックなトランスが好きなんですが。 というわけで、4つのバンドのうちステンレス以外のバンドについてレポしました。