Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

We Will Pop You?(ステンレスライブレポ)

7月3日、名古屋クラブクアトロにて、「we will pop you?」と言うイベントに行きました。今回の出演バンドは、the ARROWS、ステンレス、WAGON、Herman H. & The Pacemakersの4つ。このイベントは、後ろ3つのバンドが行っているイベントで、大阪、名古屋、東京の3つをまたに掛ける一大ツアーです。ちなみに、ARROWSは名古屋でのゲストという扱いでした。 そして、今回のお目当ては、もちろんステンレス。この前見に行ったのが、4月だから、かれこれ3か月ほど経過しています。 どれくらい大きく成長しているのだろうか?なんてことを漠然と考えつつ、会場入りしました。 さらに今回は、もう一つの目的がありました。それは、自分のやっているバンド(花の虜)のCDを、ステンレスのメンバーに手渡しする、というものでした。 メンバーは、まず受け取ってくれるだろうか?なんてことも考えながら、開場を待ちました。 1番目のバンドは、THE ARROWS。良いメロなんだろうとは思うものの、なんだかよく音が聞こえない。ギターうるさいぞ。ボーカルはアフロヘアみたい。なんとなく「つぼ」のコンチを彷彿とさせるが、彼とはまったく毛色が違いますね。まあ、コンチみたいなのも悪くはないんですけど。 次に、さっそくステンレス登場。もう、なにも言うことあるまい。とにかく、彼らは、なんだか、また、一段と成長したような気がしました。そんなこと僕が言うのはどうか、というのはおいておき、よかったよ。 曲名とか、set listは、どこかの誰かが報告してくれているはずなので、それはおいておきましょう。僕が今回、一番心に残ったのは(兄ももちろんですが)大石橋君。彼は、ほとんどMCをしないんですが、彼が他のメンバーに、「アホや」とつっこんだんです。マイクを通していないので、もちろん聞こえませんが、はっきりそういっておりました。それ以降、「アホや」はマイブームになってます。 WAGONもHerman H.もけっこうよかったですよ。とくに、Herman の「ウルフ」担当がいいです!彼は、「ウルフ」というパートなのですが、踊ったり(ちょこっと)歌ったりするパートなんです。またその踊りが良い。「きゅっ。」という感じの踊りなの。 さて、本日のもう一つのメインイベントは、ステンレスのメンバーに自分のバンドのCDを手渡しすること。となりにいたCちゃんに、「いるよ!」と言われてそちらを向くと、なんと、ライブを終えたヤス君とバシ君。すかさずかけより、ヤス君に声をかけました。あれ?思ったより背が低いなぁ、というのが第1印象。そして、すごくいい人だった。話も聞いてくれたし。「聞くわー」って言ってくれたし。Cちゃんは握手をねだっていました。Cちゃんたちが作っている「虜のとりこ」も渡しました。 まあ、本当は兄に渡したかったんだけど。まあいいや。とにかくうれしくて。はやく感想のメールが来ないかなぁと期待しながら、毎日を過ごしています。 (しかしなんつうレポなんだろう?これ、ライブレポって言わないよねぇ。でもいいの。うれしいから、伝えるの。)