Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

オークション

前回のちな言でも話したのですが、弟をなんとか説得して、Macを購入してもらうことになりました。ついでに、AirMacも導入して、我が実家では無線でどこでもインターネット!!という環境を組めることになったのです。 ところで、問題は、どのMacをどこで購入するか、ということでした。機種は、初心者ユーザが、どこでも使えるもの、といえば、もうiBookしかありません。で、それをどこで購入するのか。 ちなもあれこれ考えていましたが、先日、弟から電話がありまして、「なんだか、オークションだと、何でも安く買えるらしいよ。」との情報を仕入れました。もともと、Yahooオークションや楽天オークションなどは知っていましたが、「うさんくさい」とか「詐欺の温床」というイメージしか持っていませんでした。 それで、まず、Yahooオークション(http://auction.yahoo.co.jp/)を見に行きました。それで、Macのノートブックを探すと、いやー、あるわあるわ。なぜか新品のiBook(旧機種のグラファイトのやつとか、2色のやつ)が山のように出品されていました。もちろん新品じゃないのもあるし、最近出たばかりのキーライムのiBookもありましたが、主流はやっぱり1世代前のグラファイトでした。 値段もそこそこ。メモリを128増設して、このお値段。やすーい!!と思いながら、自分が買うわけでもないのににやにやしてしまいました。ちゃんとほかの店の値段も調べておこう、と思い、ソフマップ(http://www.sofmap.co.jp/)も調べてみましたが、値段はオークションよりも1〜2万円高いくらい。送料を考えても、お得。 一日考えたあげく、すぐに落札してしまいました。そして、調子に乗って、AirMac BasestationとAirMac Cardも落札。うん。 ほかにも、いくつか落札しました。 その中で、ちなが悟った、オークションの極意をお教えしましょう。

オークションの最大大手は、Yahooオークション。楽天とかほかのところもあるけど、出品点数がいまいち。欲しいものが、なかなか出品されていない。 欲しいものがあっても、すぐに入札しないで、じっくり待つ。入札には期限がありますが、その残り2分が勝負どころ。早い時期に入札することは、いたずらに価格をつり上げる結果になる(経験済み)。 ただし、Yahooオークションでは「希望落札価格」が設定されている場合があるが、その値段に納得がいくのであれば、速攻で落札すべき。いろいろ悩まなくてすむ(これも経験済み)。 Yahooオークションの「最低落札価格」は、なんのためにあるのかわからない。

まあ、ちなもオークション歴数日なので、よくわかってはいないんですが。 というわけで、みなさんも早速オークションを体験なさってはいかがでしょう?

MacとWinの無線LAN

最近,一般の家庭でもパソコンを使うことが増えています。 私の実家でも、新しくパソコンを買おうかしら、と母上がもうしております。ついでに、弟も、なんだか新しくパソコンを買う、などと話しています。 なにがしたいの?と聞くと、どうやらインターネット。しかも、コードレスでやりたい、とのこと。をを、これは「無線LAN」を導入するしかないっしょ!!無線LAN。この快適そうな言葉の響き。そして、ケーブルレス(当然)。ついでにISDNなんかにして、ダイアルアップルータかなんかをつけちゃって、などと夢は広がります。 ところで、一番大切なことは、マックを買うかウィンドウズを買うか、ということでしょう。タウンズやX68000という選択肢がないわけじゃないけど(^^;; 基本的に、おすすめできるのはマックです。 WINは本当にタコOSで(特にネットワーク関係はひどい)、普段は自分も仕方なく利用していますが、あのかずの論理を頼りに政策決定している部分などは、どうみても某国の政治家さんたちとおなじですね。 しかし、母上には「マックにしよう」言いくるめることはできても、弟はちとむつかしい。仕事で使う、とか言いよる。本当は、家族みんなで仲良くmacというのが理想ですが、それは、理想と現実が極端に異なる、この現代社会では無理な話です。 そこで、MacとWinが共存できるような無線LANを構築するためには、どうしたらよいか、を考えました。 はじめは、そんなの無理だよーと思っていましたが、意外や意外。googleで調べたら、似たようなことをやっている人(Tomabeさん)がいました。 http://matsuyama.cool.ne.jp/tomabe1/second/wireless.html もともと無線LANにはAirMacしかないでしょう、と思っていたので、これだ!!と思いましたね。 それから、winのほうに導入するLANカードについては、以下のページにありました。どちらも、Tomabeさんのページに紹介してあったものです。 http://www.corega.co.jp/technical/topics_wireless_gokan.htm http://www.sony.co.jp/sd/ProductsPark/Consumer/PCOM/PCWA-A100/index.html へー、Sonyは自分とこだけで利用できる無線LANの装置を持ってたんだ。知らなかったよ。 で、以上のサイトを回って、得られた結論。 Airmac Basestationを導入し、母上にはiBook、弟は適当なマシン。 これでどうでしょうか? (ゆくゆくはタウンズもそれに組み入れたい、と考えているちなでした。)