Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

XREAでMySQL(カウンタ編)

先日とりつけたばかりのカウンタだが,トップページにしか取り付けることができないため,ほかのスクリプトを探していた.今回は,珍しい物を見つけたので早速取り付けてみた. ・daOnlineCounter(DA実験室) このカウンタ(daoc)は,PHPとMySQLで動くカウンタである.詳しくはDA実験室で見てもらいたい. 今回苦労したのは,まったくさわったことのないMySQLをどう設定するか,である.せっかくXREAでアカウントをとったわけだから,うまく使いたいなとは思っていた.そこで早速挑戦してみた.詳しいやり方は添付のテキストにあったのだが,かなり苦労した. まず,Movable Typeをインストールしていたから,MySQLそのものはできあがっていた.しかし,MySQLを操作するためのadminツール(?)である,phpMyAdminがインストールされていなかったため,管理画面からインストールした. しばらくすると,管理画面にいけるようになる.管理画面から「データベース」をクリック.すると自分のID(実はこれがデータベース名だが)が表示されるので,それをクリック.ここで自分のデータベースにあるテーブルが一覧できる. さて,ここからさらに,「SQL」タブをクリックしてみよう.「データベースにSQL食えリー実行」の画面が出現する.これがまさしく,MySQLコマンドをタイプする画面である.しかも「or テキストファイルの場所」とか書いてあるぞ. daocには,daoc.sqlというSQLテンプレートが添付されており,それを使うことで簡単に設定が可能である.さっそく「テキストファイルの場所」でローカルのdaoc.sqlを指定し,実行ボタンを押すと,あっけなくテーブルができてしまった. その後,「SQLクエリー実行」のテキストボックスに

insert into daoc_ctrl(name,holdtime) values(‘NAME’,900);

をコピーし(NAMEは任意に変更して),実行ボタンを押せば,もうこれだけでサーバ側の準備は整ったわけである. 次に,daoc.phpとdacMySQL.phpを設定し,サーバにアップする.ちなはこのときUTF-8にしようとしたのだが,うまくいかなかったのでそのままEUCでアップ.そしてMain Indexテンプレートに,以下の記述を加えた.

<? require_once(‘dacMySQL.php’); require_once(‘daoc.php’); $r = daoc_update( ‘top’ ); echo ‘<div>総計 ‘.$r[‘total’].’ 人</div>’; echo ‘<div>今日 ‘.$r[‘today’].’ 人</div>’; echo ‘<div>昨日 ‘.$r[‘yeday’].’ 人</div>’; echo ‘<div>現在 ‘.$r[‘persons’].’ 人が閲覧中</div>’; ?>

これでアクセスすると,見事に表示された.かなりうれしい瞬間だった.ついでにほかのアーカイブにも貼り付け,サイト全体でカウント可能になった(実はちなさいとでは,バナー部を別のテンプレートとして作り分けたため,変更作業は一回で済んでしまった!). ちなみに,人数の変更を行うときは,phpMyAdminの画面で「daoc_ctrl」を選択し,「表示」タブをクリック.すると先ほどつくったカウンタが表示されるので,修正アイコンをクリックしてみよう.あとは「値」を書き換えて実行ボタンを押すだけ.ちなは「total」「today」「yeday」の3つを書き換えてみた.