Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

なごすいの休日

先週の日曜日(16日),「なごすいの休日」なる演奏会が行われた.これは何かというと,名古屋大学吹奏楽団を卒業したメンバーが集まって行う演奏会である.いわゆるOBバンドの演奏会である. なごすいの休日(略してなご休)が初めて行われたのは,いまから5年ほど前の1999年月9月5日(日)である.この日付は当然覚えていたものではなく,当時のメールを見たら書いてあったもの.当時ちなは,演奏会の運営に関わっており,パンフを作ったりしていた.今,当時のメールを見返してみて,ちょっと懐かしさがこみ上げてきた.すでに5年も前の話.まだ就職してるやつも少なくて,みんな若くて・・・ そんななご休の第2回目の演奏会である.今回の言い出しっぺは第8期.ちなはどちらかというとそれほど関わっていない.トラックの運転をしたくらいかな.だからそれほど感慨深い演奏会にはならないだろうと思っていた. しかし,そもそも吹奏楽が好きなくせに,吹奏楽の演奏会に乗るのは3年半ぶり.前回は2000年11月の第5回定期演奏会でのOBステージだから,やっぱりうれしかったんでしょうな.あと,あのメンバーだったからっていうのも大きい.本当に音楽が好きで,それでなごすいが好きで,そんな優しい感じがすごくでているから,演奏していても安心できる.こんなメンバーでの演奏はもう二度と無いんだろうな,と思った.それから,実は初共演なんていうメンバーもいて(よく麻雀は打ってたはずなのに),それはそれでなんか新鮮だった. ちなはオケでかなりの本番を経験していると自負している.月に1度は本番があるわけで,そう考えるとすごいでしょ.でも,それらの本番はいくら経験しても,なんか「こなした」っていう感覚しかない.仕方のないことかもしれないけど.だから今回のなご休もそうなると思っていた.でも実際に演奏会を終えて,いろんな人に話を聞いて,片づけをしているうちに,なんかこみ上げてきた.すごい充実感と,終わった後の喪失感があった.久しぶりに「やってよかった」と思える演奏会だった.本番前も柄にもなく緊張してたし. ちなみに演奏した曲は,第一部が「交響組曲もののけ姫」.久石譲が自分でアレンジした「交響組曲もののけ姫」をさらに吹奏楽版にアレンジしたもの.森田一浩編:交響組曲「もののけ姫」3章とは違うもので,ちゃんとアシタカとサンまで入ってるすぐれもの.編曲者名は忘れてしまったけど,楽譜がすべてドイツ語というかなり強力な譜面である.これを映像・ナレーションとともに演奏した.このもののけ姫の評判はかなりよかったみたいだ.自分でも演奏してて,リハのあのダメダメさはいったい何だったんだ?と思うくらい,気合いの入った演奏だった. で,第2部はブリティッシュメロディとかいうテーマで,オリエント急行(スパーク),詩的間奏曲(バーンズ),イギリス民謡組曲(ウィリアムズ),クラウンインペリアル,でアンコールはフローラルダンス.2部はあまり出番もなかったので(クラウンインペリアルは降り番),そそくさと客席に移動して,ブラボー屋をやっていた. またいつか,みんなと一緒に演奏できたらいいなと思う.その日まで,自分の腕は落とさないようにしておこう.