Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

Zaurusの外付けキーボード,Pocketop

先日注文していた,Pocketopの外付けキーボードがついに到着した.外装はこんな感じである. 早速箱を開けて,中身を確認する.ここで必要になるのは,キーボード本体と電池.あとほかに,CD-ROMやなんかわけのわからない物体が入っているけれども,これらはZaurusでPocketopを使う際には不要なものであるから,さっさと押入にしまっておこう.さて,とりだした電池をキーボードの左上にある電池入れの中に入れたところで,キーボード側の準備は整う.まれに,キーボードに電池のふたがついていないことがあるらしいので,気をつけた方が良さそうだ. さて,ここまできたら次はドライバをZaurusにインストールしなくてはならない.これが終われば,はれて外付けキーボードを利用できるようになる.このためには,以前,zaurusとキーボードと赤外線で述べたように,IRKをインストールすればよい. ところで今回ちなは,非常に使いやすいと考えられるIRKを発見したので報告する.それは,uchi’s LinuxZaurus SitesのPocketopにあった.もともとIRKは日本語版でなくても十分使えるのだが,「確定」する作業が「cmd+enter」なので非常に面倒であった.そこでazuさんが,enterのみで日本語の確定が可能なドライバを紹介したのだが,これが非常に高い評価を持って受け入れられている. ちなもさっそくこのIRKをダウンロードして,自分のZaurusにインストールしてみた.インストールの方法は,SDカードにipkファイル(ファイル名はirk-zaurus_0.10.0_armJ.ipk)をダウンロードし,ZaurusにSDカードを指し,「設定」→「ソフトウェアの追加/削除」. これだけでドライバのインストールは終了.すると、ザウルスの左下のキーボードの種類を選択する所にpocketopのもの(表示はカンガルーみたいな絵とIRKの文字)が1箇所追加されているので,これをいじれば良さそうだ.settingなんて書いてあるからそれが設定をいじるボタンだな,と勝手に解釈したが,これをいじればよさそう.とりあえず,キーボートタイプは「Pocketop」,選択機種は、「SL-C7X0」を選択した. 最後に,「IRK On」をクリックしておく.これで使えるようになった.ためしに,以下のように置いて文字入力をしてみた. おお,すばらしいではないか.ちなみに,日本語と英語の切り替えは,

cmd+N

を利用する.最低限これだけ覚えておけば問題ないだろう.ただBackspaceをおそうと思ってMemoキーを押してしまったりするなど,まだ間違いが多い.最終的には,キーバインドの変更で対応したいが,まだまだ先は長そうである.