ちなのひとりごと

今度(もう来週かな),ドイツはドレスデンに行くことになっているのだが,そちらの方から「ザクセン州の本」をいただいてしまった.かなり立派な本なのはいいのだが,全部ドイツ語・・・

こちらとしては日本の本をお返しに持って行かないと行けなくなってしまった.いや,今トロントにいるからどうしようかな.とりあえずAmazonで検索すると,いくつかいいのが出てきた.もちろん全部英語版.

まずはこの本.これが一番良いように思う.細川さんが序文書いてるのが微妙と言えば微妙だけど.

英文ビジュアル版 日本—うるわしき姿 - Seeing Japan 英文ビジュアル版 日本—うるわしき姿 – Seeing Japan
Charles Whipple


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

次の本は,少し廉価版な感じがする.中身を見ても(Amazonは便利だねぇ)地域的な紹介しか載ってないし.もう少し情報量があってもいいかなと思う.

JAPAN:a pictorial portrait JAPAN:a pictorial portrait
アイビーシーパブリッシング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本なんかは,故・高円宮さまが序文を書かれており,かなりおすすめだが,値段もそれなり.そして少し古めかな.でも一番しっかりしてそうな気もする.

英文版 ジャパン四季と文化 - Japan: The Cycle of Life 英文版 ジャパン四季と文化 – Japan: The Cycle of Life
講談社インターナショナル


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

検索してて見つけたのだが,これらの本はAmazon.comなどでも販売されているようだ.まあとりあえず日本(岐阜)の知り合いの家に送りつけて,ウィーンまで持ってきてもらうこととしよう.

(なぜウィーンかって?そりゃ,来月,岐響のウィーン公演があるから.そこで受け渡せば,意外と高価な海外への発送料が節約できる!)

コメント

コメントする