Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

Zaurusの外付けキーボード,Pocketop

先日注文していた,Pocketopの外付けキーボードがついに到着した.外装はこんな感じである. 早速箱を開けて,中身を確認する.ここで必要になるのは,キーボード本体と電池.あとほかに,CD-ROMやなんかわけのわからない物体が入っているけれども,これらはZaurusでPocketopを使う際には不要なものであるから,さっさと押入にしまっておこう.さて,とりだした電池をキーボードの左上にある電池入れの中に入れたところで,キーボード側の準備は整う.まれに,キーボードに電池のふたがついていないことがあるらしいので,気をつけた方が良さそうだ. さて,ここまできたら次はドライバをZaurusにインストールしなくてはならない.これが終われば,はれて外付けキーボードを利用できるようになる.このためには,以前,zaurusとキーボードと赤外線で述べたように,IRKをインストールすればよい. ところで今回ちなは,非常に使いやすいと考えられるIRKを発見したので報告する.それは,uchi’s LinuxZaurus SitesのPocketopにあった.もともとIRKは日本語版でなくても十分使えるのだが,「確定」する作業が「cmd+enter」なので非常に面倒であった.そこでazuさんが,enterのみで日本語の確定が可能なドライバを紹介したのだが,これが非常に高い評価を持って受け入れられている. ちなもさっそくこのIRKをダウンロードして,自分のZaurusにインストールしてみた.インストールの方法は,SDカードにipkファイル(ファイル名はirk-zaurus_0.10.0_armJ.ipk)をダウンロードし,ZaurusにSDカードを指し,「設定」→「ソフトウェアの追加/削除」. これだけでドライバのインストールは終了.すると、ザウルスの左下のキーボードの種類を選択する所にpocketopのもの(表示はカンガルーみたいな絵とIRKの文字)が1箇所追加されているので,これをいじれば良さそうだ.settingなんて書いてあるからそれが設定をいじるボタンだな,と勝手に解釈したが,これをいじればよさそう.とりあえず,キーボートタイプは「Pocketop」,選択機種は、「SL-C7X0」を選択した. 最後に,「IRK On」をクリックしておく.これで使えるようになった.ためしに,以下のように置いて文字入力をしてみた. おお,すばらしいではないか.ちなみに,日本語と英語の切り替えは,

cmd+N

を利用する.最低限これだけ覚えておけば問題ないだろう.ただBackspaceをおそうと思ってMemoキーを押してしまったりするなど,まだ間違いが多い.最終的には,キーバインドの変更で対応したいが,まだまだ先は長そうである.

zaurusとキーボードと赤外線

ちなはzaurus(SL-C760)を愛用している.キーボードもついていて,ちょっとした書き物などには重宝している.しかしこのキーボードがくせもので,少し長い文章を書こうとするとちょっとつらい. そんなとき,某先生がちいさな外付けのキーボードでzaurusを利用しているのを見た.まず,折り畳みのキーボードという点でかなり目を引いた.そして,それが赤外線で接続されていることに驚いた.これは便利かもしれない!と思ったので,ちなもさっそく情報を集めてみることにした.まあ情報を集めるとは言っても,Googleか2chくらいしか思いつかないが・・・ しかし,リナザウで赤外線を利用して折りたたみキーボードを利用している人ってあまりいないんだな,というのが第1印象.web上にはほとんど情報がなかった.ていうかそもそもzaurus用に発売されている物がないし.CLIEとかPalm用が多い.あと,やはり赤外線接続でないとちょっとつらいかもしれない.もちろん,以下のサイトのように,赤外線変換ユニットを自作するとかなら話は別なのだが. PS/2キーボードはSLザウルスの周辺機器となるか? (いしじま☆だい のページ) さて,赤外線を利用して,となると選択肢はほとんどない. Targus Universal Wireless Keyboardか,Pocketop Portable Keyboardくらいしか選べる物はないのだ.ぱっと見はターガスに行ってしまいそうになるが,そもそもリナザウ(しかも日本語版)に対応しているのかどうかすら不明.いわゆるぱたぱたキーボードのワイヤレス版なのだが,これは二つ折りなのですでに「ぱたぱた」でもないか.でもけっこう人気の製品(Stowawayシリーズ)だったからちょっと試してみたかったかも. まあこうした諸々のことを考えていたのだが,たまたまこんな記述を見つけた.

外部キーボードは? Pocketop

IRKをインストール。 /opt/Qtopia/plugins/inputmethods/libirk.so.1.0.0 をバイナリエディタで編集。 "/dev/ttyS2"を"/dev/ttyS1"に書き換えて再起動。

Walrus,Visit.より これで一気にPocketopを購入する方向に動いた.早速注文してこよう. まあどうせ,注文してから届くまでしばらくかかるだろうから.それまで高みの見物と行くか.どこから何を見るかは不明だが.

無線LANカードは購入したものの・・・

やはりZaurusは,b-mobileのようなPHS式の通信手段は当然だが,全国各地に広がる無線LANスポットを使えてこそその真価が発揮されると思う.まあ,能書きはどうでもいいが,C-760に対応しているというcoregaのWLCFL-11を購入した.メーカーのサイト(こちら)にドライバがあると聞いて,さっそく行ってみると・・・

SHARP Zaurus SL-A300/C760用ドライバ 【Zarus SL-A300/C760 対応修正版ドライバについてのお知らせ】 この度は Zaurus SL-A300/SL-C760 対応ドライバー Ver1.00の修正版のリリースが遅れておりまして誠に申し訳ございません。 現在、シャープ株式会社様のご協力を得ながら対応版の完成に努めております最中です。 ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんが、もう少々お待ち頂けますようご了承願います。 尚、修正版ドライバーにつきましては、12月下旬頃最新情報をご連絡させて頂く予定です お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

(´・ω・`)ショボーソ さてさて,気を取り直して情報を検索してみる.こんな時頼りになるのはやっぱり2chしか無いだろうと考えて,重点的にスレを見ていくことに.すると・・・ Linux ザウルスユーザスレッド ver10.0βより

768 名前:不明なデバイスさん メェル:sage 投稿日:03/12/07 19:04 ID:LVefa0CK COREGAのWLCFL-11のドライバはまだこないのか。 公式ページには11月中旬には出すとまだ書いてあるのに。 Linuxはサポート外とかいって、結局出さないつもりか。 774 名前:名無しさん@Linuxザウルス メェル:sage 投稿日:03/12/08 00:44 ID:orQjZuoQ >>768 どこかの板いただきました。 自分は、これでいけました。 card “corega K.K. Wireless LAN WLCFL-11 (CG-WLCFL11)” manfid 0xc00f, 0x0000 bind “prism2_cs” 968 […]

Zaurusにエミュレータを入れてみよう!その2

さて,心を鬼にしてZaurusの初期化を行った.気分も新たに,いきなりエミュマシンとしてデビューさせるために,ソフトをインストロールすることとしよう.その前に,エミュレータを入れる順番や,その前提となるライブラリなどをまとめておかなくてはいけない.詳しいことは「GB, NES, SNES をりなざうで!!」に書かれているので,参考にしてほしい. まず,どのソフトをインストールするのか決めなくてはならない.個人的にはznester,snes9xは決定なのだが,GBエミュレータをどれにするか迷う.ここは,大は小を兼ねるという意味を込めて,VisualBoyAdvance1.6a/SDLを入れることとしよう. インストールするソフトが決まったら,次は実際にインストールする.しかし,そのまえにいろいろとやっておかなくてはならないことがある.インストールの順番の確認である.ここで,各ソフトに必要なものを列挙すると・・・ 1.動作確認用各種ROM これは言うまでもない.フリーなら http://www.pdroms.de/などにたくさんあるので,ここで動作確認用のROMをダウンロードしておく. 2.unzip5.24 こうしたROMはzip圧縮されていることが多いので,それを解凍するソフトを用意しておく. 3.libsdl znester, snes9x,(zgnuboy)に必要.当然VisualBoyAdvance1.6a/SDLにも必要.Agawa:Welcome Page の Lib Sdl on Linux Zaurusから「libsdl_1.2.5-slzaurus20030704_arm.ipk」をダウンロード. 4.zlib VisualBoyAdvance1.6a/SDLに必要.「A Way Out」の「zlib 1.1.4のCross Compile」から「zlib_1.1.4-2_arm.ipk」をダウンロード. 5.ZEmuFrontEnd Ex ランチャーソフト.オゴニゴ.コムのダウンロードから「ZEmuFrontEnd Ex」(zemufe_0.1.1-3ex_arm.ipk)をダウンロード. 6.zemufeex-smc_1.0_arm.ipk ZEmuFrontEnd Exはsnes9xには対応していないため,それを対応させるための物. http://www.areanine.gr.jp/~nyano/snes9x.htmlの3-3のところにおいてある. 7.エミュレータ本体 ———– 以上をすべてダウンロードしたら,いよいよZaurusにインストールする.しかし,これまでのちなの苦労をみてみると,どうもインストールする順番が重要らしい.たとえば http://www.areanine.gr.jp/~nyano/vbasdl.htmlには,

ソフトウェアのインストールを選択して、libsdl と、zemufe と、zlib と、visualboyadvance を順番に本体メモリーにインストールします。尚、インストールがうまく出来ない場合は、本体のバックアップを取った後に、完全初期化を行ない、再度インストールを試みるのが良いと思います。

と書かれている.これを鵜呑みにすると,こういうことになる↓

unzip5.24 libsdl zemufe zlib VisualBoyAdvance(もしくはzgnuboy) nester snes9x zemufe-smc

よし,早速この順番でやってみよう! […]

Zaurusにエミュレータを入れてみよう!その1

Zaurus,それもリナザウを使うとなれば,当然わき上がる感情がある.エミュレータと呼ばれる物をインストールし,それで遊びたい!という感情である.もちろん実機は所有している.ちなはツインファミコンを非常に大切にしているが,でもそれは家でしかできない.それがたとえば電車の中やちょっとした空き時間にできるのであれば,こんなにすばらしいことはない.しかも,Zaurus一台あれば,ほかのいくつかの実機(たとえばゲームボーイ)も持ち歩かなくて済む.それで早速調べてみることにした. ちなが欲しいと思っているのは,ファミコン,スーパーファミコン,ゲームボーイ,と言ったところである.winとかだといくつもソフトがリリースされているのだが,さすがにZaurusにはそれほどないんじゃないだろうか?と思って調べ始めた. <ファミコン> ・Nester on Linux Zaurus (znester) http://www.self-core.org/~kaoru-k/wiki/NesterOnLinuxZaurus.html <スーファミ> ・zaurus SL-xxx対応 snes9x/SDL(stable) http://www.suhami.net/zaurus/index.cgi?Emulator/snes9x <ゲームボーイ> ゲームボーイに関しては,いくつかの選択肢があるようだ.「Let’s Emu! 〜GB模擬器〜」によれば,本家「gnuboy」ベースの『gnuboy for Zaurus』と,「Gngb」ベースの『GameBoyZ』の2種類があるらしい.さらに,Linux Zaurus用「gnuboy」系や「VisualBoyAdvance-SDL」も存在しているとのこと.( http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/6130/emupda.htmより) ・Gnuboy on Linux Zaurus (zgnuboy) http://www.self-core.org/~kaoru-k/wiki/GnuboyOnLinuxZaurus.html ・GameBoyZ http://psifertex.com/zaurus/gbz.phtml ・Qtopia GnuBoy http://homepage3.nifty.com/cam/SLC700game.htm#Game Boy ・VisualBoyAdvance1.6a/SDL http://www.suhami.net/zaurus/index.cgi?Emulator/VBA ここから,自分の環境にあった物を選ぶわけである. インストールは比較的簡単であった.そしてznester,snes9xとも動作確認はできたし.ただ,znesterはいくつか動かないソフトもあった.とくにディスクシステムのソフトは壊滅.あと,ファイナルファンタジーI,IIで,途中で止まってしまうなどした. そして問題はGBなのだが,これが一つも動かない.本当に意味不明である.「メモリーが少なくなっています 終了したいアプリケーションを選んで OKボタンを押してください」とか言うときもあるし,そのまま固まってしまうときもあった.そんなわけで,これはインストールの順番が悪いのではなかろうか,と思いはじめる.また某ページには,インストールがうまくいかなかったらシステムを再インストール,と書いてある.と言うことは,結局それをやらないといけないんだろうなぁ.

[…]