Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

華式でweblog!

さて,やっと本格稼働したちなさいと.実は,かなり前から構想だけは練っていた.やっぱり「weblogサイトを作ろう」というのが一番大きかったので,今回はその顛末を簡単にまとめておこう. まずはyahooで「weblog」で検索した. はじめに参考にしたのはここ. ・Weblogツールリスト – ARTIFACTによる。ツールのタイプ別紹介、ウェブログの概説、関連リンク。 どうやら,いろいろと使えそうなのはあるのだが・・・

サーバー動作タイプは、機能の豊富さやユーザー数で、tDiaryやMovableTypeを選択する人が多いです。ただし、tDiaryはRuby、MovableTypeはデータベースを使うので 最低Berkeley DBが必要など、動作環境を選ぶという難点があります。PerlのCGIのみで動くのは、Akiary、a-news、blosxom、Nicky!、華式などです。

へー,と思い,さっそくちなさいとがお世話になっているレンタルサーバ,FAS-NETの状況を調べてみた.しかしここでは,PHPとperlしか使えないようだ.その時点でtDiaryやMovable Typeはアウト.ちょっと使ってみたかっただけに残念. 次に,使いたい機能で考えてみた.「カテゴリーごとに分類できる機能」はかなり便利かもしれない.で,そのページからリンクが張ってあった,http://artifact-jp.com/weblog/server.htmlから,いくつかピックアップしてみた.(実際は二つしかなかったけど) ・hns(Hyper NIKKI System Project) ■公式サイト http://www.h14m.org/ ■動作環境 Perl ■機能 動的生成/コメント/カテゴリー ・華式 Kshiki■公式サイト http://ryunosin.hp.infoseek.co.jp/KshikiSetup.html■動作環境 Perl■機能 動的生成/コメント/カテゴリー/Trackback んー,なんかあんまり良さそうではないなぁ.hnsは独自言語をオフラインで書いて, それをアップする感じ.そして華式は一番求めているものに近いのかもしれないが,どうもノリがよくない(なんだそりゃ?) ところで,このサイトには載ってなかったが,iBlogなるものがあるようだ.ちょっと見てみよう.

iBlogはCGIを使わずにBlog風サイトを構築するソフトウェアです。Lifli Softwareからダウンロード出来ます。現状の最新版はVer.1.3β5です。

http://homepage.mac.com/kamba/iblog_setting.htmlより MacOS X専用のシェアウェアのようだ.これで断念・・・(本当はmacユーザなのだが,web上で操作できるのが一番の条件だったので.しかも現在はwinマシンを使用してるし・・・) 結局,華式しかなさそう,という結論に達し,華式を試してみることにした. 華式をダウンロードし,インストールしてみた.っていうか,インストールはめちゃ簡単だった.解凍して,最低限のパスワードなどの設定をし,アップロードし,パーミッション設定する.それだけ.あれ?こんなんでいいの?と思ったが,このサイトをみても同様のことが書いてある.まあいいや. で,早速表示させてみる.カウンターはリロードの度に増えていく(笑 http://pc2.2ch.net/test/read.cgi/esite/1053749533/l50こんなところに2chのログ発見 ファーストインプレッション.ちょっと使いにくい.ヘルプが全然ないのがその一因かもしれない. で,しかたなく使い始めたが,レイアウトを変える段階でまた苦労する.しかも,オンラインコンフィグを変えると,挙動不審になったし・・・ こちらは,華式を使って実験中のサイト.でもやっぱりメインコンテンツはMTでやってる.しかたないか. 紆余曲折の末,よし,本格的に華式を使ってみようじゃないか,と言う結論に達し,その日はもう寝ることにした.

[…]