Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

flickrを利用してみる

flickrに登録してみた.登録の方法はそれほど難しくはなく,要はYahoo.comのIDを作ればいいのだが,アカウント名を何にするかで数十分悩む(笑)登録の方法については,こちらにわかりやすく掲載されているので参考にしてほしい.ちなみにこのサイトはmapful.jpというサイトで,flickrの写真を使ってオリジナルのGoogle mapを作ろうというところ.このようにFlickrは共有を前提としたサービスのため,こういうものを利用したサービスが数多く生まれているんだろうと思う.これがWeb2.0?ってやつ? で,IDを作成したらさっそく写真をアップロードする.ちなはiPhotoで写真を管理している(でも最近は読み込ませもせずデスクトップに写真が放置されている・・・はやく読み込んでおかないとなぁ.今年の3月から読み込んでないやorz)ので,そこから自動でアップロードできると最高だな,と思っていた.ウェブアプリにありがちなのは,これはいろんなe-learningのLMSがそうなのだが,ひとつひとつファイルを選んでぷちぷちとアップロードしていくという方法.こんな方法ちなにできるわけがない.それで探したのだが,やはり同じようなことを考えている人はいるもので,いくらでも情報が出てきた. Free Flickr eXporter iPhoto Plugin (FFXporter) これを使えば完璧だね.使い方とか,いろいろな情報は検索すればいくらでも出てきたが,たとえば以下のサイトにお世話になった. ・iPhotoからFlickrへ写真をアップロードできるFFXporter ここでは,アップロードの際の注意点が記載されている.

iPhotoで設定しているタグがそのままFlickrに設定されるのが便利です。あと、”Tag with rationg”という項目がデフォルトでオンになっており、そのままアップロードすると、iPhotoでのレーティング(設定した★の数)がタグに変換(例えばiPhotoRating1など)てしまうので注意してください。

まあアップロードしてみればわかる. ・[APPZ] FFXporter – iPhotoからFlickrにアップロードするプラグイン ・iPhotoからFlickr/フォト蔵/mixi/はてなフォトライフにアップロードできちゃう便利ツール このサイトでは,先のFFXporter以外のツールとして,iPhotoUploaderが紹介されている. ちなも早速FFXporterをインストールして利用してみた.あっという間に(というほどでもないけど)アップロードが終わった.本当に楽ちん.ただ,月間のアップ許容量が100Mなので,あっという間にその制限を使い切ってしまうという危険性がある.proに移行した方がいいのか?