ちなのひとりごと

窮鼠猫を噛むことができるか?

カテゴリー 留学への道, 雑感 :(2009/04/25 5:32 am)

ドレスデン工科大学において講演をすることになった.はじめは,知り合いに会いに行くだけだったのが,次第に話が大きくなっていったのであった.

今日メールが来て,興味のある人を集めるための広告を作るから,はやくTopicsを送れと言ってきた.
しかも持ち時間は1時間!質疑応答に30分!!内容は日本の教師教育(専門外分野!!!)・・・
ちなみに講演日は5月6日.もう時間がない.
E-Learn2009のsubmissionのための原稿も書けてないし,もちろん講演の準備もまったくできていない.

助けてくれる人もおらず,単身乗り込むことになっているのだが,誰か本当に助けて欲しい.トロントに来てこんなところで追い込まれるとは思ってもいなかった.日本から持ってきた「眠眠打破」,はたしていつ飲むべきか?

ここで先に謝っておこう.
「ドレスデンの皆さん,ドイツ語はもちろん英語もできぬ教育もわからぬ私などが講演をするなんて,ほんとうにごめんなさい.たぶん講演の内容はよくわからないまま,そして質疑応答は大変な惨事が予想されます.日本の教育に関しては,私の講演後,ちゃんと文献に当たって正しい知識を得てください・・・」

コメント

コメントする