ちなのひとりごと

WordPressでGoogle AdSense

カテゴリー WordPress :(2009/11/26 1:54 am)

長いことこのブログには,Google AdSenseやAmazonアフェリエイトなどの広告を貼っていなかった.以前は貼っていたのだが,WordPressに変えた折,テーマをいじるのがいろいろ面倒になってそのまま放置していたのだ.

しかしそれではさすがにまずかろう(何が?)ということで,Google AdSenseを貼り付けることにしたのだが,まずコードを取得するためにGoogleにログインするときのメールアドレスがわからない・・・

実は2008年のうちに,Googleアカウントと統合されていたのであった.もちろんここ数年ログインすらしたことがないので,そんな手続きは一切していない.必死に過去のメールを検索して,どのメールアドレスにメールが送られているのかをチェックして,パスワードは覚えていないのでリセットして,やっとログイン→名寄せができた.

コードは一から作り直し.へー,今はいろいろな広告があるんだなぁ・・・なんせ昔Adsenseが始まった頃のものしか知らないから,いろいろ驚いている.ああ,普段別のウェブで見てるこれ(四角いimageの広告)は,Googleのアドセンスだったのか,と改めて思うことも.

コンテンツ向けAdSenseは比較的簡単にカスタマイズして,サイドバーに貼り付けることができた(ウィジェットのテキストを使用して,そこにコードをコピーアンドペースト).

今回新しく「AdSense検索」なるものが登場していたので,せっかくだからそいつも利用してみることにした.こいつにはかなり苦労したのだが,とりあえずまとめると以下のようになる.

  1. Adsenseで設定(blog内で表示させるため,表示幅を590pxに設定した.そのとき広告が出る場所を「上下」にしないとだめ.また3で使う検索結果を表示するページのURLをここで決める)
  2. 検索用のコードをウィジェットのテキストにコピー(検索ボックスの中にロゴを表示させるデザインは,このテーマではうまく表示されなかった)
  3. 検索結果を表示するページを作成する.「ページ」で固定ページを作り,パーマリンクを1で設定したページのURLと同じにする.検索結果表示用のコードを貼り付ける.
  4. このままだとページのナビゲーションバーに「検索結果」のページのリンクが表示されてしまう.そのため,header.php(テーマによって異なる)にある以下のコードに,このページを表示しないよう赤字部分を追加する.なお,222は架空のページIDである.IDはダッシュボードで検索結果のページを表示させているときのURLから推測可能.
<?php wp_list_pages('title_li=&depth=1&exclude=222'); ?>

大まかに言えばこんなところだろうか.
ちなみに今回は,以下のサイトを参考にした.

WordPressのサイト内検索に検索向けAdSenseを使う
WordPressの検索を検索向けAdSenseにしてみた
WordPressに検索向けAdSenseを組み込む
WordPressでのサイト内検索用に検索向けAdsenseを設置する

ちなみに,AdSense用のプラグインも試してみたのだが,うまくいかなくて外してしまった.

コメント

コメントする